育児ストレスも抜け毛の原因につながる?の情報ページ

MENU

育児ストレスも抜け毛の原因につながる?

育児ストレスも抜け毛の原因につながる?

産後の抜け毛に悩んでいる女性の方は一刻も早く解消させたいと願っていると思います。

 

抜け毛の原因が単純にホルモンバランスの崩れによるものであれば一過性の現象であると考えられますのであまり心配することはありません。

 

特に産後2ヶ月から6ヶ月くらいの期間はホルモンバランスが一定しない状態にあることから抜け毛が多くなりやすい時期です。

 

ただこの時期は赤ちゃんも昼夜を問わずに泣き、ママもなかなか眠れない日が続く時期となります。睡眠不足と合わせて慣れない子育てに非常に疲れを感じてしまうため場合によっては大きなストレスを感じやすくなってしまいます。

 

するとホルモンバランスの影響だけでなく、頭皮環境そのものが悪化してしまい場合によっては抜け毛が長期化したり薄毛の状態になることも考えられます。

 

一番大切なことは気持ちが不安定にならないようにしながら生活することを心がけてストレスを溜め込まないにしましょう。

 

夜間の睡眠不足に悩まされることで疲れが溜まりやすくなりますので、周りの家族に協力してもらいながら上手に子育てができる環境を整えるようにしてください。

 

産後に抜け毛が増えてしまうのはある意味仕方のないことだといえますが、そのまま放置していると場合によっては悪化してしまうことも考えられます。

 

子育て中でもキレイなママであり続けるためにも、できるだけ抜け毛をこれ以上増やさないように頭皮環境を整えることが大切です。

 

頭皮環境を整えるためには頭皮や髪の毛に強い刺激を与えないシャンプーを使用することが基本です。

 

洗浄成分がアミノ酸が主成分の場合はダメージを与えることがなく、ダメージを受けた部分を補修しながらやさしく洗いあげることも期待できます。余計な刺激を与えることなく汚れはしっかり落とすことができるので安心して使うことができます。

 

また、育毛剤を併用することで効率良く頭皮環境を整えることができると考えられます。髪の毛に悩むことなく子育てに集中することができるように正しいヘアケアを実践するようにしましょう。

 

やはり毎日行えるシャンプーでケアできるという手軽さがあるので、口コミで頭皮ケアが女性に人気の理由というのはなんとなくわかる気がします。

育児ストレスも抜け毛の原因につながる? 関連記事

 

ある日突然、何の前触れもなく、頭部にコイン状の脱毛が、単体か複数で見られる円形脱毛症に悩んでいる方がおられます。男性型脱毛症のAGAとは、原因が違っていて精神的ストレスや自己免疫の異常...


 

▲育児ストレスも抜け毛の原因につながる? 上へ戻る


育児ストレスも抜け毛の原因につながる? ページの先頭に戻る