石油系の界面活性剤のタンパク質変性作用

タンパク質変性作用

NMFは天然保湿因子でもありもともと肌にある成分です。石油系の界面活性剤の場合には、たんぱく質変性作用があるため低刺激のクレンジングを主に使用していくのを心がけると良いでしょう。

 

石油系界面活性剤はクレンジングだけでなくシャンプーでも問題とかなっていましたが、基本的に使用するシャンプーでは石油系を使用していない場合が多いです。

 

植物性でも生成することができるため、石油系でも生成できますが、植物性であっても同じではあるためややこしい面があります。

 

植物性だからと言って逆に安心はできないということにもつながります。タンパク質変性作用は、石油系だけでなく、アミノ酸系でも大なり小なり多少はたんぱく質変性作用があるので気にしすぎないことも大事なことかもしれません。

 

石油系界面活性剤での特徴でもあるタンパク質変成作用は古い角質など代謝面にも大きくかかわりやすく、代謝が低下すれば毛穴の角栓もたまりやすくなります。使用感が良くメリットが豊富なオイルフリークレンジングでも石油系の界面活性剤を使用している場合には避けたほうが無難です。石油系の界面活性剤はクレンジングよりもむしろシャンプーとかの方が問題になることも多いかもしれません。

 

界面活性剤はスキンケアやヘアケアだけでなく、台所用洗剤や工業用の洗浄剤などにも使われているため界面活性剤ではどんなタイプが使われているかは大切なところです。特にニキビの場合には、毛穴の中の汚れが関係しているため皮脂だけでなく、古い角質なども関係している事から洗いにくい場所でもある、顎ニキビのスキンケアを考えた場合には界面活性剤の種類は石油系ではないほうが好ましいかもしれません。

 

洗顔など汚れがきちんと落ちない場合には肌の加齢と関係する事もあるため注意が必要です。詰まり解消に顎ニキビが気になる場合には刺激となりそうな成分は少ない方が好ましいかもしれません。

 

そのため化粧落としは、毛穴周りの事を考えた代謝が落ちにくいのをまずは顎ニキビに関わらずニキビやエイジングケアのための加齢肌のスキンケアには大切です。

▲上へ戻る