髪の外側をコーティングしないので自然に艶が出る?の情報ページ

MENU

髪の外側をコーティングしない方が良いの?

髪

の外側をコーティングする方が自体は綺麗に見えることも多いです。

 

そのための外側もコーティングする、しっとりするのは付着してくれるのでコンディショナーの様に外側をコーティングしなくても良いと言う事になります。

 

アミノ酸系シャンプーの場合もノンオイルの洗い流さないトリートメントがありますが、かなりダメージが多いパーマやカラーなどしている人には必要かもしれませんが通常ヘアケアにおいてのバージン毛の方には必要ない位しっとり系の成分が配合されていると思います。

 

グルタミン酸ベースでそこまで補修成分が多くないからシンプルなシャンプーと言えるのでアミノ酸系のヘアケア系シャンプーの中では、比較的に価格も抑えられています。油分でコーティングするコンディショナーではなく多糖類のトウモロコシとかタピオカなどで保護してくれるので補修と言うよりシャンプー中に髪の内部の水分や栄養などが流れにくいというメリットがあります。

 

高級アルコール系に代表される強い洗浄剤は染料などが速く落ちやすいのもその為なんですよね。なのでアミノ酸系で多糖類の保湿性があるシャンプーはヘアケア系でもしっとりしやすいため、ダメージ修復作用と言うのはないですが、ダメージがある痛んだ髪には刺激が少ないので適したシャンプーになっているでしょう。

 

 

髪の外側をコーティングしないので自然に艶が出る? 関連記事

 

精力系のサプリメントの数は非常に多いですよね。抜け毛や薄毛は頭皮の冷えと関係しているので、抜け毛が多いと精力系の萎えなども関係してくるようです。最近、少し体力がなくなってきている気がすると感じる...


 
 
 
 

頭皮がかゆい時に良いシャンプーというのはどのような場合が良いかというとやはり頭皮の場合にはフケとかと同じように脂性で雑菌が繁殖しやすく、雑菌の糞などの影響で頭皮が炎症して頭皮がかゆい場合と、アトピーや敏感肌、乾燥肌みたいな感じで乾燥してしまって頭皮に必要な水分がすくなく頭皮がかゆい場合に使用する..


 

▲髪の外側をコーティングしないので自然に艶が出る? 上へ戻る



髪の外側をコーティングしないので自然に艶が出る? ページの先頭に戻る