頭皮の状態を考えて使うアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプー

抜け毛が気になる場合には、髪のダメージが気になる場合と異なりヘアケア製品ではシャンプーなどを変更する事も多いかもしれません。

 

髪のダメージでも枝毛などが気になる場合には、シャンプーよりもトリートメントなどの方に目が行くと思います。

 

抜け毛が気になった際にはシャンプーをいきなり変えても状況はあまり変わらないと思います。

 

しかしシャンプーなど洗浄力や刺激的な成分などによって長く蓄積した頭皮へのダメージを少しずつ良くしていくのにもシャンプー選びは大切になってきます。

 

特に乾燥しやすい冬場などは抜け毛が多くなりやすい季節ではありませんが、頭皮が乾燥していると頭皮への影響というのは大きくなりやすいので、季節的には秋に抜け毛が多くなりやすいですが、1年じゅう良質なシャンプーを使用したいところです。

 

シャンプーでも特に頭皮が乾燥しやすい方はアミノ酸系シャンプーが良いですが、男性型脱毛症の場合には皮脂量が多くなる傾向が多いようです。

 

皮脂量が多い場合でも頭皮の水分とはまた違ったものですので、皮脂量が多いと逆に頭皮の水分量は少なくなりがちです。

 

頭皮の水分量が少なくなるから皮脂量が増えるというのがあるかもしれません。

 

皮脂量が多いと洗浄力が強めなシャンプーの方が頭皮がスッキリしやすいので好まれやすいですが、やっぱり頭皮のケアを考えるとアミノ酸系シャンプーで頭皮の状態を考えたシャンプーを使用したいものですね。

 

 

 

男性にも人気になっているアミノ酸系シャンプー記事一覧

 

シャンプーでは石鹸シャンプーや市販でよく見かけるシャンプーがあります。炭などが配合されているシャンプーなどありますが、一番シャンプーで多く配合されている洗浄成分...

≫≫ アミノ酸系シャンプーの人気度の高さも特徴?

 
 

シャンプーでよく使用されている洗浄成分はラウレス硫酸Naと呼ばれる洗浄成分を使用しています。主に高級アルコール系として分類されていますが、石油系とも呼ばれたりし...

≫≫ シャンプーに使用されている洗浄成分など

 
 

抜け毛の原因として男性だと主に遺伝が大きく関係してきています。遺伝が関係している中でストレスの多い環境などがあるとやはり抜け毛が増えやすい状況になりやすいとも言...

≫≫ ストレスと抜け毛の関係は?

 
 

育毛には血行促進する事は大事であると知られています。しかし逆でもある抜け毛が血行不良であることはあまり知られていないこともあるかもしれません。男性型脱毛症でも遺...

≫≫ 抜け毛や育毛に関係する血行について

 
 

運動不足と抜け毛というと一見関係がないように見えますが、ある程度運動を行い健康的な生活をしていく事が抜け毛予防につながると考えている人も結構多いようです。運動を...

≫≫ 運動不足と抜け毛の関係は?

 
 

更年期になると女性で抜け毛が気になったりすることも結構あるようです。前頭部から頭頂部にかけて全体的に薄毛となってしまう男性とは違い、女性の場合には髪自体が細くな...

≫≫ 更年期の抜け毛について

 
 

正しいシャンプーの方法というとネットだとたびたび目にすることが多いと思います。どのような良質なシャンプーを使用しても大なり小なり洗い方が良くないと髪にダメージを...

≫≫ 正しいシャンプー方法で頭皮を健康に保とう

 
 

頭皮が硬くなると抜け毛と関係があったりするのでしょうか?頭皮が硬くなってきているというのは中々実感がわかないので、頭皮の硬さを取るマッサージと言っても中々実感が...

≫≫ 頭皮の硬さと抜け毛の関係について

 
 

最近では育毛でもスカルプケアが非常に流行っている感じがします。頭皮のマッサージなんかも育毛に効果的と言われていますが、どちらかというと育毛のためのスカルプケアに...

≫≫ スカルプケアで大事な頭皮マッサージ

 
 

スカルプケアが流行していますが、健康な頭皮や髪の成長には欠かせないのが特徴で意外にも髪のダメージが気になっている方などヘアケアを重視している方でもスカルプケアは...

≫≫ 頭皮の乾燥と抜け毛について

 
 

夏場など日差しが非常に強い日が多くなります。そうなるとあまり気にしない頭皮への紫外線対策です。頭皮は紫外線の影響を多く受けやすい場所です。フェイスケアでは入念に...

≫≫ 頭皮や髪にダメージを与える紫外線

 
 

最近では色々なシチュエーションでアミノ酸系シャンプーを目にする機会が多くなってきているように思います。髪を綺麗に保ちたい方や頭皮ケアをしていきたい方などを中心に...

≫≫ アミノ酸系シャンプーを目にする機会が増えてきている?

 

▲上へ戻る